2015.03.28

横浜と 新潟の車 ご対面

P1290971gt6448

P1290982t6452pj

| | コメント (0)

2013.11.17

冬の声 スタッドレスに 衣替え

Pk5_1643t6448

Pk5_1694t6448g

| | コメント (0)

2013.09.21

7年余 走行距離は ゾロ目の7

P1010562t4433

| | コメント (0)

2012.09.01

水深と 書かれたこれは 標識か?

Dscf1030t64

 普通の道路上に、色のついた線と「水深100cm」の文字。これは何だと思いますか?
実は、この場所、立体交差の下側で、水はけが悪く、大雨が降るとすぐに浸水してしまうのだそうです。立体交差とは言っても低くなっているのは1m程度で、水が溜まって路面が見えなくなると、平坦な道路のように見えるため、勘違いした車の侵入を防止するためのもの。
 この緑の線まで水があると水深1m、その先の赤い線までだと水深50cm、 ・・・ と言う意味です 。全体写真が下の左。出口の反対車線が下の右の写真です。
 それにしても、なぜ緑が100cm、赤が50cm、黄色が30cmなのでしょうか。信号の色の感覚からすれば、一番深い100cmが赤のような気がしますが・・。
 
Dscf1030t6402

Dscf1031t64

 Webで探してみると、類似の表示は、道路側壁面に表示したものや、災害時の想定水位を電柱に表示したものなどがあるようです。(どちらもあまり目立たず、運転中には気が付かないかも。)

http://web.pref.hyogo.lg.jp/ks01/documents/douro-03.pdf

http://www.hrr.mlit.go.jp/shinage/sonae/maru/maru_niigata.html

| | コメント (0)

2012.06.30

高速のPAに 充電ステーション

Cimg3133t64

Cimg3134t64

Cimg3137t64

Cimg3140t64

Cimg3136t64

 高速道路を走っていると、「EV QUICK CHARGING POINT」の看板が目に入りました。表示に従ってパーキングエリア(北陸自動車道黒崎PA)に行ってみると、電気自動車用の充電所でした。ヘアドライヤーのお化けのようなコネクターがあり、これを車に接続して充電するようです。セルフサービスのようで無人です。操作説明を読んでも料金を支払う方法が書いてないので、充電は無料ではないかと思われます。
 PAに置いてあった情報誌「ハイウェイウォーカー」を見ると、何カ所かのSAやPAにこの充電設備が作られているようです。
 高速を走っていながら、充電に30分かかり、1回の充電で120kmしか走れないのはちょっと苦痛かも。

| | コメント (0)

2012.05.23

アイサイト これで衝突 防げるか?

P1220775t64

P1220771t6028


動画はここをクリックしてください。


 高速道路での事故が多いので、スバルの販売店へ行って衝突しない?自動車に試乗してきました。試乗したのはだいぶ前(4月30日)ですが、金環日食のブログにコメントを頂いたので、ここに載せることにしました。
 上の写真のうな、車の印刷されたパネルに向かって進みます。ブレーキは踏みません。30cmほど手前で停止しました。2枚目の写真の(フロントガラスの反射でよくわかりませんが)2台のカメラで前方を撮影し、立体画像処理をして、自動的にブレーキをかけるのだそうです。
 あまり急ブレーキをかけたり、あるいは、運転者の意思に反して早めのブレーキをかけたりすると、別の危険があるので、時速30kmを超える場合は、衝突する設定だそうです。ただし速度を落として衝突するので大事故にはなりにくいとのこと。また前の車が走っている時は、車間距離を一定に保つ機能もあるとのこと。日立とスバルの共同開発だそうです。動画をYouTubeにアップしました。
 関越自動車道でのバス事故のような、幅の薄い側壁への衝突にも有効か、聞き忘れました。

| | コメント (0)

2012.03.11

金沢で見つけた 薄い信号機

P121021164

P121021364

 出張先の金沢で、非常に薄い信号機を見つけました。LEDを使えばこのくらい薄くできることはすぐに理解できるのですが、電球式の厚い信号機に慣れていた者にとっては一瞬の驚きでした。
 新潟にもLED信号機はあるのですが、こんなに薄くはありません。

| | コメント (1)

2012.01.27

雪道を 走れば事故に 遭遇す

P1000064t86

P104069086

 仕事が終わった後、雪の露天風呂にでも入ろうと、車を走らせていると、大型トラックが車輪を溝に落として大きく傾いていました。風呂に入り食事をして、3時間後に同じ所まで戻ると、まだ事故処理が終わっていません。つい野次馬根性でパチリ。
 2枚目は、雪には関係ありませんが、昨年遭遇した事故現場。運転には気をつけよう。

| | コメント (0)

2009.08.15

この夏も 奥の細道 句碑巡り

 昨年8月に続き、奥の細道句碑巡り(後編)に出かけてきました。
昨年は東京深川を出発し、日光、松島、平泉、立石寺、出羽三山、象潟などを経て新潟まででしたので、今年は新潟からスタートし、出雲崎、親不知、富山、金沢、山中温泉、永平寺、敦賀などを通って、岐阜県の大垣まで。8月11日(火)から8月15日(土)の5日間です。昨年同様、奥の細道に詠まれている芭蕉の句の句碑の写真を撮って廻ります。

P11104613202

P11104053302

第1日は出雲崎(新潟)から有磯(富山湾のこと)まで。
 写真上左、第32番 「文月や 六日も常の 夜には似ず」
上越市直江津中央の琴平神社境内です。文字はだいぶ読み難くなっているのですが、境内には、同じ句を彫った新しい句碑も立てられていました。
 上右、第33番 「荒波や 佐渡に横たふ 天の河」
出雲崎、尼瀬の妙福寺境内。ここにも新旧の句碑があり、写真左のやや黒いものが古い句碑、右の白くて背の高いのが新しい句碑です。碑には芭蕉の句の他に、芭蕉門下、東華坊の「五月雨の夕日や見せて出雲崎」、盧元坊の「雪に波の花やさそうて出雲崎」の合わせて3句が刻まれています。
なお、荒波やの句碑は他にも、出雲崎の芭蕉園、弥彦の宝光院、北陸自動車道米山SAなど、各地に有るようです。

P11104813402_2

 第34番 「一家に 遊女もねたり 萩と月」
場所は糸魚川市市振の長円寺境内。この句の句碑は、東北自動車道越中境PAなどにも有るそうです。親不知は山が突然海に落ちているため道がなく、海の中(波打ちぎわ)を歩かざるを得ない難所だったようです。

P1110452kasuga02

P1110472oya02

上の写真、左は、大河ドラマに影響されて立ち寄った春日山山麓林泉寺の上杉謙信の墓、右は、展望台から見た親不知海岸。

P11105143502

P1110505ariso02

第2日は有磯(富山県)から石川県金沢市を通って粟津温泉(小松市)まで。
 第35番 「早稲の香や 分け入る右は 有磯海」
場所は、富山県下新川群朝日町元屋敷の海岸近くの道端。分かり難く、旅館の人に道を教えていただき、やっと見つけることができました。この句の句碑も、荒屋神社、徳城寺、放生津八幡宮、有磯SAなど各地に有るようです。
 右の写真は宿泊した旅館「有磯」。有磯海句碑が近いので、その句から旅館名を戴いたとのこと。

P1110527kuri02

P11105623602

写真左は倶利伽羅峠。芭蕉も通ったと言うことなので、高速を通らず一般道で峠越え。
 写真右。第36番 「塚も動け 我泣く声は 秋の風」
場所は金沢市野町、願念寺門前。この句の句碑は不動寺PAにも有るとのこと。

P11105523702

P11105793802

 第37番 「秋涼し 手毎にむけや 瓜茄子」
金沢市寺町5丁目、長久寺境内。
 第38番 「あかあかと 日はつれなくも 秋の風」
金沢市丸の内、兼六園園内。この句碑の写真を撮るだけの為に兼六園に入園。駐車料金と入園料を取られてしまった。入園したついでに園内を観光。この句の句碑も、小松天満宮、成学寺、水橋神社など、各地に有るようです。

P1110857hos02

P1110603guin02

上の写真は宿泊した旅館「法師」の玄関。この旅館は西暦718年(奈良時代)に開場(創業)。約1300年の歴史があるとのこと。世界で最も歴史の古いホテルとしてギネスブックに登録されている。
右の写真はギネスの登録証。部屋や料理によっては宿泊料も高いのですが、1300年 カウントダウン スペシャル価格でリーズナブルに泊めて戴きました。

P11108753902

P11108664002

第3日、粟津温泉から、加賀市、山中温泉、を経て、福井市まで。
 第39番 「しほらしき 名や小松吹く 萩すすき」
小松市寺町94、建聖寺境内。他に菟橋神社、本折日吉神社、などにも句碑があるそうです。
 第40番 「むざんやな 甲の下の きりぎりす」
小松市本折町、田太神社境内。他に篠原古戦場、尼御前SAなどにも句碑があるそうです。

P11109234102

P1110902nat02

 第41番 「石山の 石より白し 秋の風」
小松市那谷町、那谷寺境内。
 右は、那谷寺境内の奇岩(石山)によじ登る白い影。句碑の石の形はこの奇岩の形を模している?。

P11109824202

P11109994302

 第42番 「山中や 菊はたおらぬ 湯の匂」
山中町山中温泉、医王寺境内。
他に、河鹿町、鶴仙渓遊歩道、JR大聖寺駅1番線ホーム、などにも句碑があるそうです。
 第43番 「今日よりや 書付消さん 笠の露」
場所は、山中温泉、大木戸門跡。
ちょうど小雨が降り始め、傘を差して撮影。傘(笠)から露が滴り落ちていた。

P1120007yama02

P11109464402

 写真左は山中温泉の「芦湯」という名の足湯。
 右、第44番 「庭掃きて 出でばや寺に 散る柳」
加賀市神明町山代温泉、全昌寺。

P1120032tjb02_2

 ついでに寄った東尋坊。

P1120052dvc02

P11201804502

第4日目、福井県永平寺町から、色浜、敦賀まで。
 左は、ホテルのポスターで知り急遽見に行った、福井県立美術館の「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」。展示しているのは絵画ではなく、手書きノートに書き残した発明品のメカニズムを復元した機械の展示。ヘリコプタや自動車、クレーンなど、50点ほどの模型を展示し、そのほとんどは実際に動かすことができる。ただしヘリコプタは効率が悪く、この機構で空を飛ぶことはできない。
 右、第45番 「物書きて 扇引きさく なごり哉」
永平寺町春日1-64、天龍寺境内。

P11202944602

P11202934702

 第46番 「月清し 遊行のもてる 砂の上」
敦賀市曙町、気比神宮境内。
この句の句碑は常宮神社にもあるそうです。
 第47番 「名月や 北国日和 定めなき」
この句碑も同じく、気比神宮境内のもの。この句碑には、他に4句が並べて彫られています。名月の句は向って一番左。
この句の句碑は、他にも、福井市郷土自然科学博物館、杉津PA、などにもあるそうです。

P11202524802

P1120199eihei02

 第48番 「寂しさや 須磨にかちたる 浜の秋」
敦賀市色浜、本隆寺開山堂境内。
 写真右は途中立ち寄った、永平寺の内部。

P1120369seki02

P1120362seki202

第5日目(最終日)敦賀から、途中関が原古戦場に立ち寄って、大垣市の「奥の細道結びの地」まで。
左は、関が原古戦場、最終決戦の地。
右は、石田三成本陣跡で取材するHNKの(下請け、共同テレビ)スタッフ。放送予定は9月11日と、9月18日、BS2の「熱中夜話」とのこと。
私もインタビューを受けましたが、番組名をインタビュー後に知ったので、間抜けな応答をしてしまいました。

P11204025002

P1120414musubi02

 第50番 「蛤の ふたみに別れ 行く秋ぞ」
場所は、大垣市船町、「奥の細道結びの地」
 右は、「奥の細道結びの地」の表示と、美濃路、ミニ奥の細道、などの案内図。
なお、第49番目の句「波の間や子貝にまじる萩の塵」の句碑はインターネット等で調べた範囲では見つけられませんでした。長崎県国見町の金刀比羅神社に有るという噂もありますが、本当かどうか?。なぜ長崎に?。

「結びの地」付近には、「ミニ奥の細道 芭蕉句碑めぐり」と言うのがあり、奥の細道2400kmを愛宕神社(錦町)から結びの地(船町)までの2.2kmに見立てています。ここに奥の細道の中から代表的な22句の句碑が並んでいます。このミニ奥の細道の句碑も全て撮影しましたが、紹介するのは省略します。

結論 : 奥の細道には芭蕉の句が50句掲載されていますが、このうち48句の句碑を撮影することができました。残る2句のうち、20番目の「這出よかひやが下のひきの声」は茨城県に句碑が有ることをYMさんが確認してくれました。残る1句49番目の「波の間や子貝にまじる萩の塵」の句碑がどこかにあるかどうか不明です。
(ご存知の方居られましたら教えてください。)

P1120427shiro02

最後の写真は途中立ち寄った大垣城です。

 句碑巡り後編の往路は、高速道路に乗ったり降りたりの繰返しのため、「長距離でも千円」の恩恵はあまりありませんでした。復路は、大垣から新潟まで高速を連続して一気に約500km走り通常料金約1万円のところ千円でした。また、東名の崩落で中央自動車道が混雑しているとのことで、中央道を通らず、少し遠回りですが往路とほぼ同じ経路の北陸自動車道を走ったところ、道は空いていました。
今回の(後編5日間の)走行距離合計約1350km(往路約850km、復路約500km)でした。
 今回の事前調査で、芭蕉の句碑が高速道路のパーキングエリア(PA)やサービスエリア(SA)に沢山有る事が分かり、実際にその幾つかは写真も撮ってきました。(このブログでは紹介していませんが・・)。いずれ高速道路のSAやPAを巡るだけで「奥の細道」の全ての句碑を廻れるようになるかも知れません。

| | コメント (5)

2009.04.13

ついに100円を割る

P106059302

 自宅近くのガソリンスタンドがセルフになって新装開店。価格がついにリッター99円。ちょうど春日山から帰ったところでタンクが空になっていたので、給油しました。
 少し行列ができるくらいに混んでいたので聞いてみると、24時間営業だけれども、24時になると価格が変更されるとのこと。開店祝いの特別料金との事でした。次の日に前を通ってみるとレギュラー106円になっていました。それでも他のスタンドより少し安いようです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧