不思議

2015.09.09

重陽の 豪雨の合間の 虹の橋

 1枚目の写真のように、虹が二重にかかることは知っていましたが、3枚目の写真のように、光の加減によって一本の虹の中に7色が何回も繰り返すのは知りませんでした。

Imgp0987ttt2g8060

Pk3_6772t8060

Pk3_6785t80602

Pk3_6762t8053


| | コメント (0)

2014.12.26

アクセルも ブレーキも無い リニアカー

 Webで紹介されていた、リニアモーターカーもどきの不思議なおもちゃを自作してみました。

| | コメント (0)

2014.04.02

絡まった メビウスの帯 外れない

Imgp0319t4433

Imgp0318t443302

3Dプリンターでの作品です。
どちらも2つの部品を取り外すことはできません。
3Dプリンターなら簡単に作れますが、金型を使った成形ではちょっと困難です。

| | コメント (3)

2013.11.08

無重力? 観葉植物 浮遊する

 面白いおもちゃを見つけました。円盤状の台が浮遊します。念力でもトリックでも有りません。100gまでの物を載せても大丈夫。
 以前から類似のものはありましたが、安定性が悪く、浮遊高さも低かったのですが、今回入手したものは非常に安定しています。摩擦抵抗が無いためか?一旦回転させると2時間たってもほぼ同じ速さで回り続けています。それ以上何時間(何日)回り続けるのかは試していません。

| | コメント (0)

2012.09.17

町おこし 地域ぐるみの 芸術祭

02_imgp2919t8060

 新潟県の妻有(つまり)地域(十日町市および津南町)で3年に一度開催される「大地の芸術祭」の一部を見てきました。
 上の写真は棚田に農作業をする青や黄色の彫刻が置かれ、そこに説明が書かれています。一見、彫刻と説明書は近くに置かれているように見えますが、実は、説明書はカメラから5メートルくらい、彫刻は100mくらい先に有り大きく離れています。詳細は下の動画で確認してください。
 主に「まつだいエリア」を見てきたので、いくつかの写真を以下に掲載します。
 アート作品は全部で約360点。それが760平方km(東京23区の1.2倍の面積)の里や山に散在しているので、2~3日ですべてを見ることは困難です。最後の写真のような案内板は有るのですが、山道もあり非常にわかりにくい。こういう時のための専用カーナビソフト(あるいはスマホのアプリ)でも有ると便利なのですが・・。(次回3年後に期待!)

01_imgp2910t8060

04_imgp2929t8060

05_imgp2937t8060

06_imgp2980t8060

07_imgp3007t8060

08_imgp3010t8060

10_imgp3024t8060

11_imgp3031t8060

12_imgp3035t8060

13_imgp3066t8060

15_imgp3075t8060

14_imgp3067t6448

| | コメント (1)

2012.09.05

アマ無線 1級受かり 2級落ち

P12805476448

 知人がアマチュア無線技師第3級に合格したと聞き、私も意欲が湧いてきました。これまでは35年以上前に取った旧電話級(現在の第4級相当)を持っていたのですが、どうせ受けるなら、第2級か第1級にしようと、2級1級同時受験に挑戦。やさしい方の2級が不合格で、難しいはずの1級に合格してしまいました???。
 試験は「無線工学」と「法規」。8月18日に2級の試験があり、自己採点では不得意な「法規」の点数が少し足りませんでした。そこで一夜漬け。その夜「法規」の勉強をして翌日8月19日に1級を受験。運よくぎりぎりで合格しました。「無線工学」は1級と2級で少しレベルが違うのですが、「法規」はほぼ同じだった為にこういう結果になったのでしょうか?。それとも運が良かっただけ?。
 なお、昨年まで実施されていたモールス信号の実技試験が無くなったため、私にとっては受験のハードルがかなり低くなりました。

| | コメント (3)

2012.09.01

水深と 書かれたこれは 標識か?

Dscf1030t64

 普通の道路上に、色のついた線と「水深100cm」の文字。これは何だと思いますか?
実は、この場所、立体交差の下側で、水はけが悪く、大雨が降るとすぐに浸水してしまうのだそうです。立体交差とは言っても低くなっているのは1m程度で、水が溜まって路面が見えなくなると、平坦な道路のように見えるため、勘違いした車の侵入を防止するためのもの。
 この緑の線まで水があると水深1m、その先の赤い線までだと水深50cm、 ・・・ と言う意味です 。全体写真が下の左。出口の反対車線が下の右の写真です。
 それにしても、なぜ緑が100cm、赤が50cm、黄色が30cmなのでしょうか。信号の色の感覚からすれば、一番深い100cmが赤のような気がしますが・・。
 
Dscf1030t6402

Dscf1031t64

 Webで探してみると、類似の表示は、道路側壁面に表示したものや、災害時の想定水位を電柱に表示したものなどがあるようです。(どちらもあまり目立たず、運転中には気が付かないかも。)

http://web.pref.hyogo.lg.jp/ks01/documents/douro-03.pdf

http://www.hrr.mlit.go.jp/shinage/sonae/maru/maru_niigata.html

| | コメント (0)

2012.03.11

金沢の能登島ガラス美術館

P121028164

P121026064

P121025964_2

P121025864_2

P121025764

P121025664

P121025564

 金沢への出張のついでに、能登島ガラス美術館に立ち寄りました。建物がユニーク。中の展示物は撮影禁止とのことで、通路の鏡のみ撮影させてもらいました。鏡を小さく切って、少し向きを変えているだけですが、中々面白い。
 下の写真は、その後立ち寄った能登島水族館。人間の顔のようで愛嬌がある。

P121084764


| | コメント (3)

金沢で見つけた 薄い信号機

P121021164

P121021364

 出張先の金沢で、非常に薄い信号機を見つけました。LEDを使えばこのくらい薄くできることはすぐに理解できるのですが、電球式の厚い信号機に慣れていた者にとっては一瞬の驚きでした。
 新潟にもLED信号機はあるのですが、こんなに薄くはありません。

| | コメント (1)

2011.06.26

宿泊すれど 未だに分からぬ ホテル名

Cimg05500264

Cimg056764slipper_4

Cimg05691340_2

名古屋で宿泊したホテル。インターネットのホテル予約サイトで予約したのですが、「Station Inn Nagoya」だと思っていました。ところが到着してみると、ホテル入口の表示は「Station In Nagoya」(上の写真)。他に看板等は有りません。中へ入ってスリッパ、メモ用紙、案内書などを見ても「In」と「Inn」が混在しています。帰りにフロントで確認しようと思っていたのですが、つい忘れていて、そのまま帰ってきました。未だに正式ホテル名は不明です。

| | コメント (0)